2013年06月15日

そういえばコロコロコミックの影響力ってどれくらいなんだろうか?

気になって調べてみたら
ボンボン廃刊になってこのコロコロ1強らしい

しかも、ボンボン廃刊直前は5万ぐらいまでさがっていたもよう

なんかショックだわ

対象年齢はたぶん小学生なので7〜12の数字と部数比べてみた
コロコロの公表部数が古いのなかったので2010年と2011年で比べました
上がコロコロ部数
下が人口です

2010    2011
950,000   730,000
6,975,000 6,890,000

数字見ればわかりますが
コロコロ一年で25%ぐらい減ってます。
人口も減ってますが、2%ほどなのでやっぱり
コロコロの影響力は下がっているようです

ちなみに最近の発行部数だと62万部ほどらしい

でも予想してたより発行部数は多いですね。
ボンボン廃刊で流れたようです
それに62万部だとしても人口の9%ほどが見ていて
コロコロを買う層だと男児が多いでしょうからそうすると男児の20%が見ている計算
まあ、発表より多少少ないでしょうけど
それでも10%は見ているでしょう。

なので、コロコロで連載するってのは子供向けを考えるとかなり影響力大きい気がしますね。
でも、デュエルマスターズもやっているようなので総取りってのは難しいかもね
ただ、アニメの絵柄みるとデュエマと比べて絵柄が優しい感じなので、いい戦い出来そうな気がします。

しかし、コロコロ自体やばそうですね。
1強になって一時増えていたみたいですが
最近の販売部数の落ち方人口がへったからーってことだけじゃない
雑誌離れと言いたくなる気持ちわかりますよw

コロコロにとっても会社が社運をかけたマンガを掲載したいというのはいい話だったんだなと
同時にデュエマやっているのに、もう余裕がなくなってきてんだなとも思いました。

いっそ遊戯王、バトスピも連載してTCGで乗っ取ろう(提案)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。